男性の気持ち

男性不妊の原因と対策

男性不妊の原因と対策 不妊治療はしたくない?男性の本音と自然妊娠するために必要な方法

投稿日:2018年7月10日 更新日:

不妊治療について、男性と女性の間で意識が異なっていることってありませんか?

「夫があまり真剣に考えてくれない」

「頑張っているのはいつも私だけ」

そこで、なぜ男性は不妊治療について意識が低く見えるのか、不妊治療をしたくないのか、ということについてお話したいと思います。

不妊治療をしたくない男性の本音

男性の悩み

男性も、ただ単に不妊治療をしたくないと思っているわけではなさそうです。

そこには大きく2つの理由が隠れていました。

まさか不妊の原因が自分にもあるとは思っていない

私の夫(ライ)も、最初はまさか自分にも不妊の原因があるとは思っていなかったようでショックを受けていました。

ライ
自分は体も悪くなく健康的だと思っていたので、精子検査を受けたときの結果にはショックでした。

それまでは、「妊活=二人で頑張ること」という認識でいましたが、「不妊治療=自分には関係ない」と心の中では思っていたそうです。

WHOの調べでは、不妊の要因の約50%が男性にあるといわれていますが、そんな情報は知りませんでしたし、「まさか自分は関係ない」と思っていましたから当然かもしれません。

でも、これが男性の本音なのかもしれません。

不妊治療はお金がかかるからプレッシャーになる

「不妊治療はお金がかかる」

このイメージは私たちも持っていました。

テレビやネットなどで調べた情報では、1年間で200万円以上の費用がかかったというケースもありましたので、ごく普通のサラリーマンの共働きの私たちには年間200万円の追加出費は単純に死活問題だと考えていました。

夫(ライ)は、この費用をかなりプレッシャーに感じていたといいます。

ライ
生まれてくる子どものため、老後のために少しばかりの貯金はありましたが、まさか妊活でこんなにお金がかかるなんて思ってもいませんでした。
正直、このお金の問題がすごく怖かったです。

私の中では「不妊治療は二人の問題だからお金も二人で負担する」と考えていたのですが、夫は「自分でなんとかしなければいけない」と考えていたようです。

このことから、妊活や不妊治療をするには、必ず二人で気持ちとお金の問題は話し合わなければいけないと理解することができました。

お互いの気持ちがわからないまま、あるいはすれ違ったまま進んでいた場合、必ずどこかで衝突が起きてしまう可能性があると感じました。

自然妊娠するために必要な方法はあるの?

love

自然妊娠を希望するためには、最低限必要なことを知っておくことがあります。

それは、「年齢による妊娠確率の低下」と「不妊治療への切り替えるタイミング」です。

自然妊娠する確率は加齢によって下がる

自然妊娠をするためには、女性の年齢が大きく関係してきます。

年齢が上がれば上がるほど、自然妊娠できる確率は低くなっていきます。

年齢 自然妊娠の確率
25歳 25~30%
30歳 25~30%
35歳 18%
40歳 5%
45歳 1%

35歳を境に自然妊娠の確率が一気に下がるのも驚きですが、個人的には25歳でも25~30%しか確率がないことのほうが驚きでした。

これには卵子の数が加齢によって減少することが主な原因だとされています。

卵子の減少

イラストホウドウキョクより引用

また、自然妊娠の確率が下がるのは卵子だけの問題ではありません。

精子も男性が35歳を境に、質・量ともに低下していくことが分かっています。

35歳以上はさらに下がる

このように、不妊の原因は男性・女性ともにある場合が多く、しかもそれは加齢によって引き起こされることが最も多いということがわかります。

ライ
男はいつまでたっても元気でいれば大丈夫と思っていましたが、全然そうじゃないんですね。

早めに検査をして必要なら不妊治療に切り替えることも大切

もし、自然妊娠を望むなら若いうちにというのが大前提ということがわかりました。

そして、もし「なかなか授からないなあ」と感じたら、早めの検査と不妊治療への切り替えが必要かもしれません。

チー
私はクリニックで「妊活をはじめて1年経過しても妊娠しなければはじめましょう」といわれました。

不妊の要因の約50%は男性にあるともいわれていますので、不妊治療専門のクリニックで女性側の検査と一緒に、男性も精子検査(精液検査)をして現在の精子の状況を確認しておきましょう。

もし、男性が何らかの理由で検査に行きたくないという場合には、無理に誘わずにじっくりと二人で話し合いを持つ時間を作りましょう。

なぜ赤ちゃんが欲しいのか、なぜ妊活をするのか、なぜ検査に行きたくないのか、そこには男性ならではの理由があるかもしれません。

じっくりそのあたりの気持ちを共有して、検査は受けるけどクリニックは恥ずかしいという男性には、郵送でできる精子検査(精液検査)もありますので、まずは自分の精子の状態を知ってもらうきっかけを作るところからはじめてみましょう。

まとめ:不妊治療をしたくないと思っている男性には理由があるからしっかりと話し合おう

夫婦で協力

不妊治療をしたくないと思っている男性には、

「まさか自分が不妊の原因ではない」

「不妊治療はお金がかかる」

と思っていることが少なくありません。

ただ、二人でしっかりと話し合い、お互いの気持ちを共有すれば絆はさらに深まります

妊活にはタイムリミットがあり、はじめて1年経過しても妊娠しないようなら不妊の可能性があります。

自然妊娠に期待するにも、不妊治療を行うにも、女性側だけでなく男性側の準備も大切になります。

少しでも妊娠の可能性を上げるために、元気な精子(質を上げて量を増やす)をために生活習慣の見直しなどを行いましょう。

元気な精子を増やすために、精子の質や量の向上効果のある栄養素(亜鉛・マカ・ソイポリア・シトルリンなど)を効率的に摂取できる男性用妊活サプリなども積極的に利用しましょう。

旦那さんに飲んでほしい!おすすめ妊活サプリランキング

私(チー)と夫(ライ)が妊活に取り組んでいたときに注目した、男性用妊活サプリのランキングです。

おかげさまで、2018年4月に第二子を授かることができました!

ライ
僕が実際に試しました。

ランキング

※2019年7月更新

マイシード(ベビーライフ研究所)

  • 通常価格11,980円(税別)のところ、初回限定50%オフの5,980円(税別)
  • 2回目以降も20%オフの9,480円(税別)
  • 送料無料
  • いつでも解約ができるから安心して試すことができる

チー
夫(ライ)が最後まで続けたサプリです!

ここがポイント!

医師と薬剤師が監修して、妊活に必須な3つの栄養素(亜鉛・マカ・還元型コエンザイムQ10・大豆ソイポリア)をしっかり配合。

厚生労働省が推奨している、GMP認定を受けた工場で管理・製造しているから、安心して継続することができる。

簡単に郵送で精子検査が2回できる「スタートパック」もおすすめです。

バイタルアンサー(バイファム)

  • 1ヶ月分300粒で12,960円(税込)
  • 1日あたり432円、最安は5箱購入で1日あたり345円
  • 送料は全国一律540円
  • 今なら300名限定で2,000円相当のドリンクなどのプレゼントあり
  • 購入は1回ずつなので定期コースのような購入回数のしばりなどがないので安心

ライ
僕は飲んだ次の日から目に見えて変化を実感できたので自信が戻りました!

ここがポイント!

精子の質や量の改善、勃起力を改善するアルギニンが1日あたり1,600mgと断トツ!

他のサプリとの併用も可能なので、ここぞというときに合わせて飲んだり、タイミング法に合わせてお飲みください。

サプリの製造管理もGMP認証を取得しているので安心です。

-男性不妊の原因と対策

Copyright© 男性用おすすめ妊活サプリランキング , 2020 All Rights Reserved.